なるほど!プリンターのインク購入ガイド

TOP > プリンターのインクについて > プリンターを使うならインクのことも知ろう

プリンターを使うならインクのことも知ろう

写真やパソコン上のテキストデータなどを紙に印刷したいと考えたときには、5000円もだせばプリンターという印刷機を購入することができます。
安い家庭用の機器だとしても十分すぎるほどきれいに印刷ができるため、ほとんどの方は満足できるでしょう。
しかし、プリンターを利用する上で費用を気にしなければいけないのは、機器の購入時ではなくインクの交換時です。
5000円という格安のプリンターなのにインク代が3000円以上することもよくあるため注意しなければいけません。
したがって、プリンターを購入するのなら、その機種の交換インクの値段をしっかりと調べたほうがよいでしょう。
安い機種で高いインクを使うよりも、高い機種で安いインクを利用したほうが、総合的に費用がかからない可能性があるからです。


プリンターのインクは機種によって対応するもの違うため、交換するときには、きちんと型番を調べておかなければいけません。
そのときは、プリンターの型番をメモするのもよいですし、インク自体に記載がある型番をメモするのもよいでしょう。
購入するカードリッジを間違ってしまうと、プリンターに装着すらできませんので、ムダにしないためにも気をつける必要があります。
なお、型番が分かっていたとしても、お店にはいろいろな製品が置いてあるので、どれを選べばよいか分からないかもしれません。
そのときは、お店のスタッフに質問すれば、機種にあった正しいインクを教えてもらうことができます。
もしも、店頭で扱っていなければ、取り寄せも可能なため、分からないのなら聞いてしまったほうが早いでしょう。


インク代を安く済ませたいという方に、好んで使われているが純正品ではない製品です。
メーカーが用意している純正品以外にも、ほかのメーカーから代替製品が販売されていて、そちらを利用すればとても安くプリンターを使えるようになります。
半額未満で売られているケースも珍しくはないため、たくさんの方に利用されているので安心して利用をしましょう。
ただし、メーカー品とほかのメーカーのインクは、まったく同じではないので、印刷物の色味が少し違うことがあります。
なお、代替品のインクは店頭ではあまり種類を取り扱っていないため、ネットショップを利用したほうが手間がかかりません。
インクが入っているカートリッジは小さく、送料もそれほどかかりませんので、オンラインで注文しても十分にお得です。

次の記事へ

カテゴリー