なるほど!プリンターのインク購入ガイド

TOP > プリンターのインクについて > プリンターのインクコストを軽減したいなら

プリンターのインクコストを軽減したいなら

企業や家庭でプリンターを使う機会が多い場合、インクのコストがかかる場合があります。
新しい機種であればメーカー純正品で大容量のインクカートリッジが用意されていて節約ができる場合がありますが、気に入ったプリンターをずっと使っていたいと考える方であれば純正品が通常サイズしかないため難しいでしょう。
インクにはメーカーで製造された純正品に対して、インク製造会社で独自に作られた互換性のあるタイプも販売されています。
純正品のインクよりも2~3割安い価格もありますし、半額程度の金額で購入できる物もあります。
また、発売日から日が経ったプリンター用のインクでも容量が2倍入っている物など、大容量のタイプも販売されている場合があります。
廃盤となったプリンターのインクも提供されていることがあるので、まだ十分印刷できる場合でも処分せずに済むでしょう。
全く同じ材料を使っていないので、100%の印刷物を再現するのは難しいです。
しかし、90%以上の再現率を誇る物もありますし、数年以上の長期間経っても印刷物が劣化しにくいという結果が出ている物もあるので、心配することなく使えます。


互換性の高いインクで、純正品と同様にプリンターにセットできるタイプがあります。
純正品のカートリッジを洗浄して再利用したり、純正品を参考にICチップを搭載した独自のカートリッジを製造していることから安心して使えます。
たいてい純正品の2~3割程度の価格で購入できますが、再利用したカートリッジを用いているインクは洗浄する手間があるので、少し高めになっていることもあります。
互換インクの中には純正品と同様にインクの残量が確認できる物もあるので、ストレスなく使える物が多いでしょう。
互換インクはホームセンターやパソコンを扱っている家電量販店や専門ショップでも取り扱いがあるメーカーもあります。
しかし、多くのメーカーではショップサイトを設けて利用者に直販をしているため、価格を抑えて提供できます。
安かろう悪かろうでなく、コストを抑えて販売できるので高品質な物が多いです。
国内に工場があり、すぐに配送できるように工夫されていることもありますし、海外で製造されていても国際的な認証を取っているために、品質が信頼できる会社もあります。


互換インクには、純正品の半額程度の金額で購入できるタイプもあります。
既存のインクカートリッジを利用して、利用者自らが詰め替えをして使う物です。
インクカートリッジをそのまま使うので、容器を処分することなく環境にも影響を与えにくいです。
インクはプラスチック製の袋に密閉された状態で届くので、劣化しない状態で使用できます。
路面店で市販されていることは少なく、多くは製造メーカーやインクやトナーを扱う専門店のサイトから入手できます。
利用にあたって注意をしたいのは、詰め替え作業に慣れないと汚してしまう可能性があることです。
スポイト等の用具を使って、少しずつ詰め替えをしないと周囲にこぼすことがありますし、カートリッジの外側にインクが付いてしまうこともあります。
プリンターの機械の内部にインクが付くと印刷物が汚れたり故障の原因となったりするので、メーカーサイトで付属物の利用を勧めている場合には一緒に購入して使うことを勧めます。

次の記事へ

カテゴリー