なるほど!プリンターのインク購入ガイド

TOP > プリンターのインクについて > プリンターのインクの違いの背景を知っておこう

プリンターのインクの違いの背景を知っておこう

プリンターを使用するにはインクがなければ稼働できませんし印刷もできません。
そのインクには大きく2つの種類が存在しています。
1つがプリンターのメーカー自身が製造した純正品で、もう1つがそれ以外のメーカーが製造した非純正品です。
この2種類はどちらも家電量販店などいろんなお店で販売されていますが、価格面では全般的に非純正品のほうが安く、純正品のほうが高めになります。
ということで価格面だけを重視するならば、誰しも非純正品のほうを買いたくなるかもしれません。
ではなぜ非純正品のほうが純正品に比べて安くできるかですが、それは利益を削ったから安くつくのではなくて、製造全体のコストを抑えられる理由が存在しているからです。
まず第一にインクはプラスチック製の容器に詰めなければなりません。


その容器を製造するのにお金がかかります。
しかし非純正品の場合だとその容器は全部製造しているのではなくて、使用済みの中古品を再利用しているなどしています。
これにより製造コストを抑えることができます。
次にインク自体の品質をあえて落としてるなどしてコストを抑えています。
そのため文書を印刷する程度ならば問題はなくても、写真を印刷すると色褪せなどを確認できるなどしてしまいます。
またほかの部分でも純正品に比べて品質の低下の点が多くの人から指摘されています。
それの1つはインク漏れやインク残量が認識しないなどです。
インク残量が認識しない理由の1つは金属製のチップを容器に貼り付けてるからですが、それが劣化しているからです。
一方で純正品の場合は価格は割高でも品質面では大きな優位を保っています。


価格が割高な理由の1つはプリンター自体の価格を下げて利益を削って起き、その分をインクや印刷用紙などで回収をしているからです。
その純正品のインクでは品質面では特に写真を印刷するなどした際に色合いや耐久性の点で優れています。
なのでトラブルを少なくしたければ純正品を購入したほうが結果的に得策になります。
なおそのインクでは顔料系と染料系が存在します。
この2つの違いは染料系は紙にインクが染みこむのに対して、顔料系は色合いがはっきりしていて紙の染み込まずに表面についています。
そのため染料系は印刷した紙が乾くのに時間がかかる一方で、顔料系は早く乾きやすくなります。
そのため速乾性の点では顔料系に軍配が上がります。
ゆえに顔料系は文書とかなどビジネスレポートなどの用途に向いています。
ただ染料系は色に風合いが出やすいとしています。
なので芸術的な写真を求めるならば染料系のほうが得策だともいわれています。
言い換えれば顔料系は色合いがはっきりしすぎてるため、芸術的な写真には向いていないとも言われます。

カテゴリー