なるほど!プリンターのインク購入ガイド

品質を選ぶか価格を選ぶかで大きな違いが

thumbnail プリンターを使用するにはインクが必要になります。けどそれを買う場合には単に価格だけでなくそのインクの特徴も理解しておかないとなりません。そのインクは顔料と染料の2種類があり、後者は印刷した紙にインクがにじんで芸術写真など微妙な色合いを引き出しやすいのに対して、前者ははっきりとした色合いを引き出しやすく紙面に滲みにくい特徴があります。

一方でそのインクは染料と顔料ともに純正品と非純正品に分けることができます。前者はプリンターを製造しているメーカー自らが製造した製品で、後者はそれ以外のメーカーが製造した製品とみなすことができます。前者の強みは信頼性と品質の高さであり、後者は価格の安さとなります。

このサイトではそのプリンターで使用するインクを顔料と染料の2つの視点で比較し、さらに純正品と非純正品としても比較をしています。いずれも一長一短があり、基礎知識としてそれぞれの特徴を掲載していますので参考にしてみてください。

こまもの本舗

公式サイトはこちら

こまもの本舗は東京の八王子市で営業しているお店です。このお店はプリンター インクやPC関連の消耗品や、文具類や雑貨などを販売しています。この会社の営業日は朝の10:00からお昼の12:00まで、そして1時間休憩の後の13:00から16:00までとなっていますが、土曜と祝日は電話対応していない場合があります。

なお定休日は日曜日と年末年始となっています。その会社で取り扱い販売を行ってるプリンターのインクは純正品だけでなくリサイクルや互換品などいろんな種類と色を扱っています。これらはそのお店の商品ページで検索することで対応機種であるかないかなどを検索することができます。

そして商品の注文では15時までに完了し、店内に在庫がある場合は原則として即日で配送するようにしていて、15時以降の場合は翌営業日の出荷となります。なお土曜日は問い合わせ対応は休みとなっていますが、商品出荷自体は原則として行っています。

インクナビ

公式サイトはこちら

多くの方が自宅にパソコンを保有していまして、これらのパソコンで作成した資料やはがきなどの印刷を行う際にプリンターを使用しています。多くの枚数を印刷する際には純正品のプリンター インクですとコスト面が気になります。

そこでお勧めとなるのがインクナビで販売を行っている互換インクの利用です。これは純正品と比べて半額の安い価格で購入出来ますので印刷コストを下げる事が出来ますし、またオフィス文書などを綺麗に印刷できます。

インクナビのプリンター インクは印刷時のトラブルもなく安心ですし、注文や問い合わせをサイトで24時間受付け対応していますので便利です。また営業時間内はフリーダイヤルで対応しています。

激安インク販売の【インクナビ】送料無料。

インク革命.com

公式サイトはこちら

インク革命.comでは、主要なメーカーと互換性のあるプリンター インクが揃えられていて、約半額程度の金額で入手できます。交換方法は純正品と変わらずに、カバーを上げて所定の場所にカートリッジを設置するだけです。ICチップが付いていて残量の確認も可能です。利用者のレビューも参考になり、満足している方が多く見られます。

インク革命.comでプリンター インクカートリッジを注文すると、原則として、多くの地域で夜7時までに発注すれば翌日までに届けられます。年賀状の作成や急にプリンター インクを切らしてしまった時でも慌てることなく入手できます。

初回の購入に限り、印刷品質に満足が行かなければ返品をして全額返金の保証が受けられます。インク革命.comのインクを使ってプリンターの修理が必要となった場合も、購入後1年間に限り修理代金が保証の対象となることもあり、品質に自信があると考えていいでしょう。カートリッジに不具合があった時の交換方法もお買い物ガイドに手順が記載されているので、安心して購入できます。

最新インク型番から生産終了型番まで、業界No.1の品揃え!インク革命.com

こまもの本舗

公式サイトはこちら

こまもの本舗はプリンター インクの比較検討ができる便利サイトで、購入方法は欲しい商品をバスケットに入れてからお会計手続きをするだけです。5000円以上の購入で送料無料になりますし、コンビニ後払いにも対応しています。

各種純正インクはもちろん、互換・リサイクルインクの販売もしています。フリー検索を利用すれば欲しいインクがすぐに見つかるでしょう。電話・FAX注文にも対応しており、ネットが苦手な方も安心です。安心の1年保証が用意されるなど、店舗販売に負けないサービスが魅力的です。

平日15時までに注文すれば即日発送してくれるので、すぐに商品が欲しい方におすすめです。互換インクの人気が非常に高く、すでに600万個以上が販売されています。取り扱いインクの種類が非常に多いので、他店で満足できない方からも選ばれています。

上海問屋

公式サイトはこちら

上海問屋では純正のプリンター インクの他に使用済みのインクを再生させた互換性インクを販売しています。キヤノンやエプソン、ブラザーのプリンターに対応している互換性インクを販売しています。これらのメーカーのプリンターに対応している物なので安心して購入できます。

キヤノンやエプソン、ブラザーのプリンターは本体の価格設定を抑えています。しかし、プリンター用のインクカートリッジの価格を高く設定しておき、それらをリピートすることで利益を出すシステムになっています。それに対して、互換性インクは使用済みの純正インクカートリッジを再生しています。その結果、価格を純正インクより安価な値段で販売することが可能になっています。

互換性インクは純正インクと同じ色味ではありません。あくまでも似たような色味と言う状態です。場合によっては純正インクを使った時と色が違い満足できないこともあります。そこで、上海問屋で販売した互換性インクには満足保証が設定されている商品が用意されています。その満足保証は商品の不具合だけでなく、色が気にいらないと感じたりなんとなく使えないなどの状況でも返品や返金ができるサービスとして用意されています。

ジットストア

公式サイトはこちら

ジットストアでプリンター インクを購入する場合、互換品なので使い方やトラブル発生時の解決方法に不安がある方もいるでしょう。印刷物の色むらや印刷かすれやインクが認識できないということがあっても、保証や返品交換等の丁寧な対応が期待できます。対象の商品の調査や報告書の提出を依頼するのも可能な場合があります。

ジットストアにはプリンターの機種によっては、クリーニングカートリッジが用意されていることがあります。ノズル内のインクの気泡を少なくしたり、冷えて固まった成分を溶かしたりして、インクを噴射しやすくします。それにより、色むら等のトラブルを解消することも可能です。

ジットストアのプリンター インク等の製品にトラブルが生じた場合は年末年始などの長期休暇でない限り、土日や祝日でも問い合わせの受付をしています。フリーダイヤルが利用できるので、遠方の方でも電話料金を気にすることなく相談出来ますし、家庭で使う場合でも安心して使えます。

家庭用のプリンターをリーズナブルに使う方法

家庭用プリンターは一家に一台の必需品ともいえる存在ではないでしょうか。年賀状を印刷するときや、ネット上の気になる記事を印刷したりと何かと便利に使うことが出来ます。また、デジカメで撮影した写真も、気軽に欲しい分だけプリントすることも出来ます。プリンターを使っていくためには定期的なインクの交換が必要不可欠であり、その換えとしてはメーカー純正インクが取扱説明書などでは推奨されています。純正インクはプリンターの機能をしっかりといかした高品質なプリントが出来ますし、保証の点でも安心して使用することが出来ます。反面、その分価格は高めであるため、カラー印刷や写真プリントなどの使用頻度が高い家庭にとってはインクの減りが早くなってしまうため、負担に感じるものではないでしょうか。

家庭用で使う分にはそれほど高品質な印刷レベルでなくても構わないという理由で、価格の安い互換インクも多く選ばれています。互換インクとは、プリンターのメーカーが販売している純正インクではなく、その他の様々なメーカーから販売されている汎用品のインクです。手持ちのプリンターと互換性のある商品であれば、純正品と同じようにプリンターにセットして使用することが出来ます。印刷レベルは純正品と同等のものもあれば比べてみれば多少落ちるといったものまで差はありますが、家庭用として使う分には申し分ないという声が多く聞かれます。写真プリントでも同じように使う事が出来ますが、細かい色彩や全体のトーンなどに差が出る場合もあります。カラーはほとんと使わないというのであれば、ほぼ変わらないレベルで使うことが出来るでしょう。

互換インクを使う理由はその価格の安さですが、印刷レベルのほかにも知っておきたいことがあります。それは、互換インクを使う事によって、保証期間内であっても故障時のメーカー保証が受けられなくなる場合があるという事です。そのため、互換インクの使用を検討するのであれば、まず取扱説明書などをよんで、保証の条件などをきちんと確認しておくことが大切です。互換インクも販売メーカーによって種類があり、その分純正のものよりは品質に関してシビアに考える必要があります。プリンターにセットしたはいいけど液漏れして故障の原因になってしまったという事態になった時に、互換インクを使用の場合は修理も自己責任という事になってしまいます。価格が安く使いやすいものである分、事前にレビューなどで品質をチェックすることも必要です。

カテゴリー